Loading

株式会社エイビック

052-324-8883

お問い合わせ

事業内容

Business Segments

各種制御基板

− Circuit Board −

エイビックでは基板製作をこれまでの豊富な技術経験・ノウハウを活かし、
設計から量産まで一貫対応しております

ハードウェア

多くの製品に携わり、培った設計技術を活かして、
小型・高機能化を図ると共に量産トラブルの無い最適なパターンを実現致します。
又、試作・量産まで弊社で請け負うことで、各セクションで適切な評価を下し、安定した品質の製品をご提供致します。

その他、各種試験機・治具の設計・製作は、ご要望の仕様に合わせてご提案致します。

ソフトウェア

映像制御組み込みソフト

液晶の高解像度化に併せて高まるVDPの制御不可に対応した低負荷制御を探求し、技術力の向上を図っています。

装飾系組み込みソフト

各種電飾・駆動系制御設計経験、業界ノウハウを活かし最適な演出パターンをご提案し、機種演出の向上に貢献致します。

資材・購買

社内での部材発注・納期調整・コスト管理を徹底し、ユーザー様のニーズに対応しています。
新規調達部材においては、豊富な購買経験とマーケティング力をもってコスト管理し、ユーザー様のニーズにお応えします。

量産

アミューズメントの経験を豊富に持つ生産拠点で、高効率なラインを構築し、短納期・低コスト・高品質で対応させて頂きます。

裸眼3D製品

− Naked Eye 3D −

3D-Nogla | リアルタイム2D・3D変換技術 | 3Dコンテンツ企画・制作

3D-Nogla

3D-Noglaは多様な視差と独自の技術を活かし、様々なシーンに適した3D映像を提供致します。
既存のディスプレイの特性を活かした最適なソリューションのご提案が可能です。

メガネなしで立体的に見える仕組み

多視点から撮影した画像をディスプレイに表示し、特殊なフィルターを通して見ることで、左眼/右眼に異なる視点の画像を見せます。
この2視点の画像を脳が合成し、立体的な3D画像として認識することで、メガネなし3D映像の視聴が可能となります。

様々なディスプレイに対し設計が可能

ディスプレイに対し設計を行う為、インチサイズやパネルメーカーに依存せず、幅広い提案が可能となります。
又、独自の設計により、2D/3D共に鮮明な映像再生を実現し、視聴に最適なご提案をさせて頂きます。

2種の方式のご提案

パララックスバリア方式

自然な立体感と量産コスト、
品質安定性に優れた方式

レンチキュラーレンズ方式

レンチキュラーレンズ方式

より強い立体感と広い視聴範囲を実現し、
表現幅に優れた方式

パララックスバリア方式

設計・開発から量産までの一貫体制

設計・開発は勿論のこと、部材調達から量産まで一貫して請け負う事で
品質安定・コスト低減を図っております。
又、超高精細部材・加工を行う事で、高品質な製品をご提供致します。

リアルタイム2D・3D変換技術
<AUTO 3D-Nogla>

最先端の画像処理技術とプロセス設計技術により、ASICでリアルタイム2D・3D変換を実現致します。
3D多視点タイプのデメリットとなっていた
「多視点コンテンツの制作工数」・「多視点画像の制御負荷」を一挙に解消致します。

3Dコンテンツ
企画・制作

アミューズメントの豊富な映像制作経験を活かして、
ハードの3D特性を活かした強い飛出し、広い奥行きを演出致します。
又、3Dコンテンツにおいて特に重要な構図・演出・カメラワーク等の企画演出も
経験を持ったデザイナーが対応しますので是非お任せ下さい。

3Dコンテンツ企画・制作

※CGコンテンツのみならず、3Dカメラを使用した実写演出のご提案も可能です。

センサー製品

− Sensor −

Wowモジュール | アイトラッキングモジュール

Wowモジュール

手の形状を検出し、そのデータをホストシステムに送信する、組込向けの小型センサーモジュールです。
手の形状変化によるジェスチャー認証、及び検知範囲内での横、縦、奥行きの認識を可能です。
モジュール内だけで検出処理が完了する為、ホストシステムは結果を受け取るのみとなり、
OSに依存することはありません。
その為、その後のアプリケーションの開発が非常に容易となります。

システム構成

インターフェースは2線シリアル+電源・GNDの4線、またはUSB接続でホストシステムと接続が可能です。

機能仕様

出力される情報

例 / 指の本数・指先の位置・指の付け根の位置等、全9ポイント

使用イメージ

  • タッチパネル動作やマウス操作を何かに触れること無く、空間上で実現することが可能です。
  • 映像、イルミネーションと連動させる等、アイデア次第で様々な演出が可能となります。

アイトラッキング
モジュール

目の位置を検出し、そのデータをホストシステムに送信する、組込み向けの小型センサーモジュールです。
モジュール内で検出処理が完了する為、ホストシステムは結果を受け取るのみとなり、
OSに依存することはありません。
その為、その後のアプリケーション開発が非常に容易となります。

システム構成

インターフェースは2線シリアル+電源・GNDの4線でホストシステムと接続が可能です。

使用イメージ

裸眼3Dディスプレイ
との組合せ

裸眼3Dディスプレイは性質上、立体視できる位置が限定されますが、
アイトラッキングで目の位置を検出し、目の位置に応じて映像を制御することで、
常に立体視が可能となります。

スマートゲーミング®

Smart Gaming